定期借地権

借地権と同時には、建物買取請求権というものについても多少理解しておく必要があります。建物買取請求権は、地主側の都合や、合意解約の場合において地主さんに買取請求権への拒否権が存在している訳ではありません。ただし、地主さんが、契約更新を許可している状態で、借主が更新を拒み、債務不履行における契約解除の場合においては、例外ということになります。結構、裁判になってしまうケースも多くあると言います。

そして、新しい借地権として、大事なキーワードが定期借地権ということになります。定期借地権は、契約期間が満了した際に更新することができない権利であり、今までお話しして来た普通借地権では、契約満了時に買取請求権があった訳ですが、定期借地権において、買取請求権も存在しなくなってしまうことになりますので、借り主さんは、借りていた土地の建物を自分自身で、解体して更地として返還しなければならないことになります。

定期借地権は、返還の時期が決まっているから、財産管理がしやすく、地主さんにとって大きなメリットが多い借地の権利として考えることが出来ます。
余談にはなりますが、借地権は売却はもちろん相続もできます。しかし、上記のように法律が関わってくるため、専門知識のない素人には難しい部分が多いです。トラブルが起きる前に専門家へ相談するのがいいでしょう。

リンク〔借地買取りドットコム
借地権買取り専門サイトです。借地権の相続やトラブルに関する相談も受け付けています。